28

May

熱中症対策をお忘れなく!

久々のブログになります。

平成から令和に変わり、10連休もあっという間に終わったと思ったら、急に夏日の30度超え!
川口市ではこの5月に運動会を開催する小学校も多く、連日熱中症による救急搬送もニュースで流れています。

この時期の急な気温の上昇はとても危険だそうです。
暑さに慣れていない身体に負担がかかるとのことです。

外出時には充分気をつけてください。
また家の中でも熱中症になりますので、こまめな水分補給を心がけてください。

これから梅雨に入りますが、梅雨の合間の晴れ間、梅雨明けの30度以上の日、気温と湿度の
高い日は熱中症のリスクが高くなるようです。

薄い色の服や吸湿性や通気性の良い素材、帽子の着用、保冷剤の併用で予防も心がけたいですね。
軽度の熱中症の症状として、めまい、立ちくらみ、足がつるなどの筋肉痛、手足のしびれなどの症状が見られたら涼しい場所に移動し、あおむけになる、服をゆるめ、保冷剤や冷たいタオルで首・わきの下・太ももの付け根など太い血管が通ってる部分を冷やしましょう。


上記の措置をしても症状が改善せず、頭痛・吐き気・嘔吐などの症状がある場合は
医療機関を受診してください。

まだまだ5月!!暑さもこれからです。

リハステップ中青木でもご利用者様の体調を見ながら無理しないよう声をかけて
楽しくリハビリをしていきたいと思います!!